POKERのルールや用語

テキサスホールデムについて

トルネード表町では、テキサス・ホールデムという今はまだ日本ではあまりメジャーでないポーカーゲームを採用しています。近年、カジノ法案が通ったので数年以内に日本国内にもカジノ施設が出来、その施設内のテーブルゲームで採用されるのがテキサス・ホールデムポーカーです。

日本のポーカーは一般的には手札5枚で行われますが、テキサス・ホールデムは手札2枚と全プレイヤーに共有されるコミュニティカード5枚でプレイします。 この為にテキサス・ホールデムは確率論・戦略・心理戦が高度に組み合わせられたゲームとなっており、 運の良さだけで勝つ事は難しく、また手札が良くても負けてしまったり、逆に手札が悪くても勝つ(ブラフ)事が出来る高度な知的ゲームとなっています。 海外のカジノではブラックジャックやバカラと並び、最もスタンダードなトランプゲームです。特にポーカーは世界中のカジノで優勝賞金が1億円を超える大会が多数開催されています。運の要素はありますが、長期的にプレイをすると最終的にはスキルの高いプレイヤーが勝ちやすいゲームです。

ルール

自分の手札2枚と場にある、共有手札5枚と計7枚の中から5枚で役を作ります。カードの交換は無し。 途中の4回のベットラウンドで生き残ったプレイヤーのうち 最も強い役を持っていたプレーヤーが賭けられたチップを総取りできます。

当店では、ルールが分からなくても担当のディーラーが丁寧に説明しながらゲーム進行しますので、初心者の方でも安心してご来店いただけます。ご来店の際に未経験、もしくは初心者の旨をお伝えいただければと思います。未経験者・初心者の方には「Jackイベント」への参加がオススメです。

1.参加費を支払いブラインドベットを行う 
※参加者のうち2名が強制的に行うベットのことです。

1回目のベットラウンド

2回目のベットラウンド

3回目のベットラウンド

4回目のベットラウンド

手札公開

ポーカー用語

用語に関しては当店ではディーラーがプレイの進行アドバイスを随時行いますので、無理に覚える必要はありませんが、知れば知るほどポーカーの世界が広がり、その魅力を感じていただけます!自分の知らない用語が会話で出た場合は遠慮せずに相手に聞いてみましょう。ここではプレイに役立つ基本的な用語をご紹介致します。

ベット

カードが配られた後の賭ける場面で、プレーヤーが初めて賭けること。

コール

誰かがベットしたベット額を受けて、同額を賭けること。

レイズ

ベットに対して、かけ金を増加させて賭けること。

チェック

賭ける順番がまわってきて、自分の前に誰も賭けていなかった場合に、チップを賭けずに次の人へ順番をまわすこと。 降りるわけでなく、0ドルを賭けてゲームを継続する意味に等しい。

フォールド

ゲームを降りること。

オールイン

プレーヤーが自分のチップを全て賭けること。

ブラインドベット

手元の2枚のカードを見る前に賭けなければならない強制ベットのこと。テーブル内で順々にブライドベットの順番が回ってくる。

【プレイスタイルの用語】

ブラフ

弱いカード、弱い役しか持っていないのに、強いフリをしてゲームを進めること。

ルーズ

比較的多くのゲームをプレーし、またなかなか降りないプレーススタイル。

タイト

ゲームに参加する回数が少ない、または、早めにフォールドするプレースタイル。

アグレッシブ

レイズやリレイズが多い強気なプレースタイル。

パッシブ

あまりベットやレイズしない弱気なプレースタイル。

【ゲーム進行関連の用語】

プリフロップ

各プレイヤーの手元に最初に2枚のカードが配られた時点、及びそれに続いた賭ける場面。

フロップ

テーブル上に最初に3枚のカードが配られた(見せられた)時点、及びそれに続いた賭ける場面。

ターン

テーブル上に4枚目のカードが配られた時点、及びそれに続いた賭ける場面。

リバー

テーブル上に5枚目(最後)の1枚のカードが配られた時点、及びそれに続いた賭ける場面。

ヘッズアップ

2人のプレーヤーでの勝負のこと。

ショーダウン

最終ベットラウンドが終わった後、ゲームを続行しているプレーヤー全員がカードを表向けに置き、勝者を決定すること。

ベットラウンド

賭ける場面のこと。

プリプロップ→フロップ → ターン→リバー→ショーダウン の矢印ごとに、ベットラウンドがあり、ベットやフォールドができる。

マック

ゲームの勝敗が決まるときに自分のカードを見せないこと。 他のプレーヤーが全員フォールドした時(自分が勝利した時)や、ショーダウン時に強い役を出されて負けが決まっている時に、自分のカードを見せないことを選択できる。

リンプ

プリフロップでまだレイズのない状態に対してコールする事。

ブラインドスチール

単にスチールともいう。ブラインドベットを奪う目的でレイズする事。一般的にはレイトポジションから行われる。

ドミネート

ホールカード2枚の内の1枚が対抗プレイヤーと同じであった時、さらに一枚のカードが高位である方が高確率で勝てる状態。

キッカー

役の中での構成には入っていないが、それに準じる高いカードの事。KKAT6ではKペアAキッカーとなる。ホールデムではホールカードの2枚の内のどちらかを指すのが一般的。

アクティブプレイヤー

まだゲームから降りていないプレイヤーの事。

タップアウト

テーブルステークスの全部を賭けてゲームを行う事。

サイドポット

タップアウトプレイヤーが出た場合、それ以降のポットを得る権利がないため、ポットを二つに分ける。新しい方をサイドポットという。タップアウトプレイヤーが勝ってもサイドポットの権利はないため、残ったプレイヤーの内、高位の役を作った者が得る。

ステークス

スタックともいう。お金をチップに変えてテーブルに出しておいたものを指す。ゲームの中でステークスを新たに買う事はできない。

テル

いわゆる癖の事。目の動きやカードの再チェックなど種類は様々にある。

ポットオッズ

言葉の意味としては(今現在のポット):(コールするチップ量)の事を指しますが、これは自分の役に対するチップが確率的に妥当かどうか判断するのに使われます。つまり勝てるであろう確率に対する、勝てる際にもらえるチップの量です。

インプライドオッズ(Implied odds)

インプライドオッズとは勝てるであろう確率に対する、勝てる際にもらえるであろうチップの量です。ポットオッズは可能性に対する確実なチップの量ですが、インプライドオッズは可能性に対する推測のチップの量です。

【ゲーム形式関連の用語】

リングゲーム

チップを持って席に座り、固定レートでプレイするゲームです。

トーナメント

任意の人数で、全員が同じチップ量を持って(例外あり)スタートし、最後まで残ったプレイヤーが優勝、2番目まで残ったプレイヤーが2位、という方法で順位を決める方式です。つまり、生き残りを目指すサバイバルゲームです。

リミット

賭ける額(ベットするチップの額)が決まっていて、一定額ごとに賭けるゲーム。

ノーリミット

かける額を自分で決めることができるゲーム。かける場面ごとに自分な好きな額を賭けることができる。最大は自分が持っている全チップ額。

 【ポジション に関する用語】

有利なポジションで勝負するのが勝つための鉄則です。

各プレイヤーが座るテーブルのポジションには名称があり、不利・有利が存在します。

◆ ポジションは順番で回ってきます。
 
ポジションは時計回りに移動します。1ゲームが終了するとディーラーボタンの位置が左の席に移動し、それに準じて他のポジションも左に移動します。(プレイヤーが席を立って移動する必要はありません。)


ボタン

賭ける場面で一番最後にアクションするポジション。テーブル上に丸い円盤を置き、ボタンの位置を表すことが多い。

UTG(アンダーザガン)

賭ける場面で一番最初にアクションするポジション。

MP(ミドルポジション)

賭ける場面でUTGの後にアクションするポジション。

CO(カットオフ)

賭ける場面でMPの後にアクションするポジション(ボタンの手前のポジション)。

SB(スモールブラインド)

ディーラーのすぐ左側のポジション。カードが配られる前に、最初のラウンドの最低ベット額の半額を強制的に賭けさせられる。

BB(ビックブラインド)

スモールブラインドの左側のポジション。カードが配られる前に、最初のラウンドの最低ベット額を強制的に賭けさせられる。

ポジションまとめ

丸印の円盤がボタンのポジションを示す。 ボタンの位置から時計回りに、スモールブラインド、ビックブラインド、アンダーザガン、ミドルポジション、カットオフを示す。

【カード に関する用語】

ペア

同じ数字の2枚のカード。

スーツ

マークのこと。クラブ、ダイヤ、ハート、スペードのこと。

A(エース)

数字の1を表すカード。全てのカードの中で一番強いカードなので、14と考えると分かりやすい。
ハートのエース、スペードのエースというように使用する。

K(キング)

数字の13を示すカード。
ハートのキング、スペードのキングというように使用する。

Q(クイーン)

数字の12を示すカード。
ハートのクイーン、スペードのクイーンというように使用する。

J(ジャック)

数字の11を示すカード。
ハートのジャック、スペードのジャックというように使用する。

T(テン)

数字の10を示すカード。一般的に10と言うことも多いが、戦略のカード説明等ではTと書くこともある。
ロイヤルストレートフラッシュでは、AKQJT などと表現する。

s

suited(スーテッドの略)で、カードのマークが同じことを示す。
AKs(マークが同じエースとキング)や89s(マークが同じ8と9)というように使用する。

o

off suit(オフスートの略)で、カードのマークが異なることを示す。 AKo(マークが異なるエースとキング)や89o(マークが異なる8と9)というように使用する。

コネクタ

JQや34というように数字が続いているカードを示す。

スーテッドコネクタ

スペードのJとスペードのQや、ダイヤの3とダイヤの4のように、マークが同じで数字が続いているカードを示す。

【役 に関する用語】


数字の強弱

2が一番弱くAが一番強い。ペアや役が無い場合は手持ちカードの数字の強さで勝負となります。マークは強さとは無関係です。

ハイカード

ハイカードとは厳密に言うと役ではありません。実際にはなんの役にも属さない「ブタ」の状態です。ノーペアとも言います。プレーヤーが誰一人役を作れなかった場合は、ハイカード同士で勝敗を決めます。Aに近い数字を持っているプレイヤーの勝利となります。

ワンペア

同じ数字のカード2枚の役。

ツーペア

同じ数字のカード2枚+同じ数字のカード2枚の組み合わせの役。

スリーカード

同じ数字のカード3枚のカードからなる役。

ストレート

5つの連続した数字のカードからなる役。

フラッシュ

5枚の全てのカードのマーク(ハート、スペード、ダイヤ、クラブ)が同じ役。

フルハウス

3枚が同じ数字+2枚が同じ数字の組み合わせの役。つまり、スリーカード+ワンペアの組み合わせ。

フォーカード

同じ数字のカード4枚の組み合わせの役。

ストレートフラッシュ

5つの連続した数字の同じマークのカードからなる役。

ロイヤルストレートフラッシュ

最強役。5つの連続した数字の同じマークで数字の並びが10 J Q K A